Raspberry piにBitTorrentクライアントのTransmissionをインストールして使用する

ラズパイにTransmissionをインストールしたので方法をメモ。

事前準備

Raspberry Pi本体にOSをインストールしておく。安定して動作してほしいので、RaspberryPiOSの32bit版を使用。デスクトップは必要ではないのでRaspbian LiteでもFullどっちでも大丈夫。64bit版は試してないので、動作するかどうかは不明。ダウンロードしたデータを保管するためのHDDなりSSDは、予め接続して使用できるようにしておく。あと、管理はWebインターフェースを使用するので、IPアドレスは固定しておいた方が使いやすい。インストールする前に、アップデートを更新しておく。

sudo apt update
sudo apt upgrade

事前準備はここまで。

インストール

インストールは簡単。コマンドラインで

sudo apt install transmission-daemon

これでインストールは終了。

インストールが終了したら、設定ファイルを変更するのでTransmissionのデーモンを一旦止める。

sudo systemctl stop transmission-daemon

設定ファイルの編集

設定ファイルは、「/etc/transmission-daemon/」にある「settings.json」なので、これを編集する。

sudo vi /etc/transmission-daemon/settings.json

開いたら、いくつかの項目を編集する。
最低限設定が必要なのは下の部分。

“download-dir": "/var/lib/transmission-daemon/downloads",
"incomplete-dir": "/var/lib/transmission-daemon/Downloads",
"rpc-password": "{13879cec39cdff196135db5637b68f8162d135a5Q1rlNhFi",
"rpc-username": "transmission",
"rpc-whitelist": "127.0.0.1”,

ファイルを保存するディレクトリの設定

download-dir」は、ダウンロードが完了したファイルの保存場所。「incomplete-dir」はダウンロードが途中のファイルの保存場所。保存する2つのディレクトリ(下の例では、「/mnt/ssd/transmission-complete」と、「/mnt/ssd/transmission-incomplete」)は、外付けのHDDやSSDの中に先に作っておく。デフォルトのまま(/var/lib/transmission-daemon/downloads)だと、システムの中にファイルがどんどん保存されるので、可能な限り変更しておいた方が良い。

”download-dir": “/mnt/ssd/transmission-complete",
"incomplete-dir": “/mnt/ssd/transmission-incomplete”,

ユーザー名とパスワード

Webインターフェースにアクセスするためのユーザー名とパスワードを設定する。ユーザー名とパスワードのデフォルトはどちらも「transmission」に設定されているけど、パスワードはハッシュ化されたものになっている。パスワードの変更は、平文のパスワードを入力(下の例では「password」に変更したい)すれば、次回起動時に自動的にハッシュ値に変換して保存される。

“rpc-username": "testuser”,
"rpc-password": “password”,

WebインターフェースのIP制限

ダウンロードの管理はWebインターフェース経由で行うので、そのアクセスを制限する設定。基本的には、インストールしたラズパイ自身(127.0.0.1)と、アクセスを許可するLANのIPを設定しておけば大丈夫。ちなみに、個別のIPでも、ワイルドカードも指定できるので、下の例では、192.168.1.1〜255のIPは全てアクセス可能になる。

”rpc-whitelist": "127.0.0.1,192.168.1.*”,

これらの項目を変更したら、設定ファイルを保存してTransmissionを起動する。

sudo systemctl start transmission-daemon

使用方法

ブラウザからラズパイにアクセスする。ラズパイのアドレスが「192.168.1.100」なら下のような感じ。

http://192.168.1.100:9091/transmission/web/

設定ファイルに設定したユーザー名とパスワードを入力したら使用できるはず。

参考